緊急!!お金を借りる!それも今日中!可能な金融機関紹介します

今日中にお金を借りるときの注意点【銀行】

銀行で今日中にお金を借りることの注意点を紹介します。

 

傾向として、消費者金融に比べて銀行での今日中の融資というのは少し難しくなります。
それは、銀行で即日融資に対応しているところがそう多くないためです。
メガバンクのいくつかと、ネット系銀行では即日融資に対応しているところもありますが、未だ来店をして契約するタイプの借り入れ方法を取っている銀行もあるので、
消費者金融に比べると、銀行での借り入れで今日中というのは意外とハードルが高いのです。
また、「今日中」とか「即日融資」という記載があったとしても、提出書類に不備がある場合や、借り入れ金額が高額で追加で書類の提出を促される場合もあります。
提出する書類の準備に手間取っていると、今日中の融資は難しくなるでしょう。

 

その中で、今日中の融資に対応している銀行を紹介します。

  • 三菱東京UFJ銀行 バンクイック
  • 新生銀行レイク 
  • 三井住友銀行カードローン

 

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • スルガ銀行
  • ジャパンネット銀行

このような銀行が挙げられます。この他にもいくつかの銀行が今日中の融資に対応しています。

 

消費者金融を最大限に活用するポイント

今日中にお金を借りるときの注意点【消費者金融】

消費者金融で今日中にお金を借りることの注意点を紹介します。

 

消費者金融は銀行に比べると金利が高いという点があるので、その他の面での魅力がないと借り入れをしようと思わないですよね。
それもあってのことか、審査に関して言えば銀行よりとおりやすいというのは全体的に言えること。
さらに、今日中や即日融資に対応しているところが多いのです。
何かしら魅力がないと、銀行相手に顧客を獲得しての融資は行われません。

 

とはいえ、消費者金融は総量規制の下で運営されていますから、収入がない人は審査を受けることはできませんし、収入があったとしても年収の1/3までしか借り入れができないようになっています。例えば年収が600万円であれば最高で200万円しか借り入れはできないのです。これは複数社借りている場合も合計金額が採用されます。

 

その中で、今日中の融資に対応している消費者金融を紹介します。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • モビット

基本的に大手消費者金融は即日融資に対応しています。かなりスピード感が高いのが特徴です。
しかし、消費者金融の場合も、借り入れ金額によっては追加で提出書類が必要になることもありますし、提出書類の不備によっては今日中に融資してもらえないこともあります。

即日融資のコツ

即日融資が可能でも、即日融資をしてもらえるかどうかは分かりません。
では、即日融資を可能にしやすくするためには、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。

 

午前中に借り入れ申し込みをする

よく、14時までとか昼過ぎの時間が即日融資の期限として設けられていることが多いようです。
しかし、実際のところは意外と手間取ることもあるので、時間に余裕を持って申し込みをした方が良さそうです。
できれば午前中に借り入れの申し込みをするようにしましょう。
特に、スマホをちょくちょく覗けない場合は時間に余裕を持たせないと、メール連絡の確認ができなくて追加の提出書類に間に合わなかった・・・というパターンが多くあります。

 

身分証明書などはあらかじめ準備しておく

身分証明書をカメラで撮影して提出したり、アプリを使ったりという場合がほとんどですが、身分証明書は手元に準備しておくようにしましょう。

 

必要最小限の借り入れにする

借入金額は必要最小限にすることが大切です。多ければ多いほど、審査にとおらない可能性も出て来ますし、追加の書類提出も必要になることが多いので、即日融資に間に合わない可能性も出て来ます。

 

消費者金融を最大限に活用するポイント

注意事項はしっかり読む

即日融資を可能にしたい場合は、注意事項はあらかじめしっかり読んでおくことが重要です。
例えば、スマホで借り入れ審査の申込をするだけでOKという場合もありますが、金融機関によってはスマホで申し込みをしてフリーダイヤルに電話をすることで早く審査してもらえるというところもあります。それぞれの即日融資の特徴について、しっかり把握することが大切です。

 

また、借り入れ方法によってはカードが必要だと選択した場合に、無人契約機に出向いてカードを発行してもらうというパターンもありますが、そのような機械に遠いところに居る場合は即日融資そのものが難しくなります。
または、カードが郵送の場合は即日融資そのものが無理となります。

 

カードを手にするのが難しいとか、カードが送られてくることが困るという場合は、振り込みをしてもらう方法を取ると良いでしょう。
振り込みの場合は、銀行が指定されていることもあるので、そこはチェックしておきましょう。
多くの場合は、メガバンクが指定されていることが多いようです。
ネット系銀行の場合は、借り入れ先であるそれらのネット銀行が指定されていることもあります。(イオン銀行、セブン銀行など)